FC2ブログ
翻訳会社で15年以上さまざまな業務を担当してきた筆者が、業界の最新の事情などについて思うところを書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつ翻訳会社のトライアルを受けるべきか
翻訳者になりたいと思う場合、翻訳会社のフリーランス翻訳者の募集に応募するという方法が王道です。

その際、トライアルと呼ばれる翻訳のテストを受験し、一定の評価を得た人を登録するというのが一般的な方法になっています。

でも、トライアルに受からない、またはトライアルに受かっても仕事がなかなか来ないという方も多いかもしれません。

トライアルに受からない場合は、やはり翻訳の力を付けるのが先決ということになります。実力に自信のないうちから、とにかく数打ちゃ当たる方式でたくさん受けて、受かったら儲けもんという考えの方もいますが、長い目で見るとそれはあまり良くないと思います。

なぜなら、一度不合格になってしまうと、一定期間はその会社のトライアルは受けられないというのが一般的ですので、応募先の選択肢を減らさないためにも、トライアルには万全の態勢で臨みたいものです。

中には、実力以前に、トライアルなのに誤字脱字が何か所もあるという方もいらっしゃいます。そんなことより翻訳の力を見てくれということかもしれませんが、本末転倒ですよね。

翻訳会社は、量の少ないトライアルでミスが何か所もあるということは、実際の仕事ではその何倍もミスがあると考えるものです。ミスの多い翻訳者さんは、ちょっと困ります。ですから、トライアルでは特にケアレスミスの類は厳禁です。

もちろん会社によっても傾向や好みは違うので、実力があってもすべてに受かるわけではありませんが、3社くらい受けて1社も受からないようであれば、いったんトライアル受験はやめて、勉強に専念するほうがよいでしょう。

トライアルは、十分に実力が付いたと自分で自信が持ててから受けるべきです。ただし、まだ仕事もしていない段階で自信なんかあるわけない、というのが本音かもしれません。

だとしたら、やはりある時点で思い切ってトライアルを受けてみて、自分の実力を知るというのもよいですね。

■ 一流の稼げる翻訳者がたくさん入会しています。有料ですがお勧めです↓
翻訳の情報収集・スキルアップ・仕事獲得なら「アメリア」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。