FC2ブログ
翻訳会社で15年以上さまざまな業務を担当してきた筆者が、業界の最新の事情などについて思うところを書いていきます。
翻訳の質を決めるのは翻訳者(その2)
(前回から続く)

では、翻訳会社がどうやって良い翻訳者を見つけるかですが、たとえば次のような方法があります。

・評判の良い翻訳者を一本釣りする

翻訳者募集の求人に応募してくる翻訳者は仕事がほしい人なわけで、仕事に困っているということは、実力が十分ではないか、まだ経験が足りない人が多いということになると思います。

ですので、そもそもの発想を変えて、実力のある翻訳者が自分から応募してくれないのであれば、こちらから見つけて、直接連絡を取って登録してもらうというのがこの方法です。

では、そんな翻訳者をどうやって見つけるかですが、

・翻訳者ディレクトリ
http://www.translator.jp/

など、翻訳者が登録しているサイトがありますので、ここから連絡を取るか、翻訳者が運営しているブログなどを探して連絡を取るという方法もあります。Facebookなども使えますね。

あるいは、業界団体(日本翻訳連盟、日本翻訳者協会、など)の会員名簿からあたってみるという方法もあります。

「良い翻訳者は一本釣りでしか見つからない」という前提で、根気よく探す努力が必要かと思います。
もう一つの方法は、次回書きたいと思います。

(その3に続く)
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック