FC2ブログ
翻訳会社で15年以上さまざまな業務を担当してきた筆者が、業界の最新の事情などについて思うところを書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NTTドコモのサービス
外国語を話す人と、外国語を使わずにスムーズに電話で会話できる・・電話の中に通訳機能があってこちらが話す日本語を瞬時に外国語にしてくれて、外国語を日本語にしてくれる。

このような電話は少し前まではドラえもんの四次元ポケットから出てくる道具のようでした。しかしながら今では現実のものとなりつつあります。

 NTTドコモでは、2011年11月に、音声を自動的に翻訳する「通訳電話」のトライアルをスタートさせ、さらに 2012 年6月から「メール翻訳コンシェル」というサービスは、日本語と外国語を相互に翻訳し、メール本文にコピーして利用できるサービスです。

どちらも NTTドコモの TV CM でたくさん流れているので、聞いたことがある、またはすでに利用している、という方も多いかと思います。

「通訳電話」も「メール翻訳コンシェル」もまた、専用アプリを用いて、クラウド上で翻訳するしくみとなっています。

通訳電話は「向い合っての会話」と「離れたところでの通話」(通常の電話と同じ環境)を想定したサービスで「音声認識」「音声合成」と「機械翻訳」の技術が主軸になっており、「メール翻訳コンシェル」は入力支援としての「音声認識」と「機械翻訳」が使用されます。

通訳電話のモニター募集は大変な人気があり終了したそうで、2012 年秋からは商用化を進めているとのことです。

どちらも「機械翻訳」という技術がキーワードとなっています。

NTT ドコモの提供する、「通訳電話」と「メール翻訳コンシェル」について、わたしは実際に試したことがなくその翻訳の品質については何とも言いがたいのですが、もし体験した方がいれば教えていただきたいです。

当ブログでもこれまで述べているように、機械翻訳は、ある程度役には立つものの、そこそこの実力しかないのが現状です。

翻訳の精度を高める方法として「単語の追加とアルゴリズムの改善、正答性、順序のマッチング」と NTT ドコモのエンジニアは述べています。

実際、個人間の通話や、メールの内容を翻訳する、海外有名アーティストの Twitter での発言を日本語に翻訳するなど「自己責任」でわりきって使用するのには何の問題もないかと思います。

正式に実用化されている「メール翻訳コンシェル」に関しての注意事項の中で、NTT ドコモは、「「メール翻訳コンシェル」の提供には翻訳技術を用いておりますが、当社はそれらの技術の精度などについて何らの保証をするものではありません。」と明記しており、翻訳品質には責任を持てないよ、ということになります。

つまり翻訳品質に責任を持つ翻訳会社、翻訳者の仕事はなくならない、とわたしは思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。