FC2ブログ
翻訳会社で15年以上さまざまな業務を担当してきた筆者が、業界の最新の事情などについて思うところを書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィキペディアの翻訳に参加する
かつては用語・人物名を調べるのに、さまざまな辞典、書籍を参考にしなければなりませんでした。調べ物は図書館で、というのが常識でした。

百科事典を一式本棚に揃えるというのがひとつのステータスでもありました。わたしの家には毎年最新版の「現代用語の基礎知識」や「イミダス」があったことを覚えています。

今や時代は変わりました。百科事典が本棚を占領することもなくなりました。ペーパーレスの時代です。

ネットで検索するだけで、さまざまな情報を瞬時に入手することができます。その中でも、ネットで調べものをするときには、ウィキペディアのお世話になることが多いのではないでしょうか?

ウィキペディアは「オープンコンテントの百科事典です。方針に賛同していただけるなら、誰でも記事を編集したり新しく作成したりできます。」と「メインページ」に書かれており、非営利目的の有志によるネット版百科事典です。

ウィキペディアは 200 以上の多言語で展開されています。他言語の優れた記事を翻訳するのも有志の大きな役割です。

ウィキペディアでは、翻訳者も募集しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E4%BE%9D%E9%A0%BC

留意すべき注意事項やルールがありますが、基本的に「だれでも」参加することができます。

ウィキペディアで翻訳をしても自分の稼ぎにはなりませんが、この世界的な百科事典の執筆・編集に自分も参加しているという満足感を得ることができます。

また翻訳した文章は残っていくものですので、翻訳を職業としている方でも、活動の幅を広げて、ボランティアで参加されている方もいます。

みなさまも私こそは、と思われる方はウィキペディアの翻訳に参加してみるのはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。